FC2ブログ

【薬剤師】その転職待った!現役薬剤師が種類によって違う年収を大公開!

ドラッグストアへの転職

2729028258_969617fe4f_m.jpg

『ドラッグストア』
それは例えあなたが薬剤師であろうがなかろうが関係なく使うことのあるだろう存在ですね。


まず最初にドラッグストアで勤務することの利点からお話します。
それは


①時間の融通がかなりききやすいこと
②年収が基本的に高くなりやすい
③教育制度や福利厚生が充実している




この3点であると思います。
ます①の時間の融通がききやすいことに関しては、普通の企業ではたらくよりもかなり
時間の融通がききます。


なぜならドラッグストアは毎日(夜遅くまで)営業をしているので
ほとんどのドラッグストアはシフト制になっているからです。


つまり自分の都合に合わせた時間を作りやすいわけですね。
パートとして入ることも出来、主婦さん薬剤師をやろうと考えている方は18時までの勤務で土日休み
なんて形態もとれちゃいます。しかも時給換算2000円以上になることを考えるとかなりポイント高いですよね。


ただ、会社や店舗によるので、しっかりとした転職支援サイトにて必ずコンサルタントと相談することをオススメします!



②の年収が高くなりやすいという点ですが
ドラッグストアでは、そういう年収制度をとっているという理由だけではなく
薬剤師の人数が膨大なドラッグストアに比べて少ないが故に、若いうちに店長などのポジションに
つきやすく数年のうちに年収700万近くまでいくこともザラにあります。



最後の③について、これはドラッグストアの多くは大手企業なので
普通の薬局とは違い、教育制度や福利厚生が元からかなりしっかりと整っているんです。


他の薬局で働く場合は逆にこの福利厚生面をしっかりみておかないと過労働なんてことになって
しまうかもしれないのでくれぐれ注意して転職サイトなどでチェックしておいて下さい。



以上こういったメリットがドラッグストアにはあります。
またメリットとなるかは分かりませんが、お客さんとの会話が比較的多い職場になるので
おしゃべりが好きな方は向いているかもしれませんね。


しかし



やはり良いことしかないなんて甘い話はありません。
ある程度のデメリットはあるので目を通しておいてくださいね。




調剤薬局と違い、ドラッグストアの薬剤師は調剤併設での服薬指導の仕事だけではなく
市販薬以外の日用品やサプリメント、これら周辺知識を身につけるく必要があります。


また、商品の管理や店舗運営などの雑務をこなすのもドラッグストアの薬剤師の特徴です。
レジ打ちをしたり、商品を並べたりするのも仕事です。
病院や調剤薬局のように事務の方がしてくれる訳ではないのです。

こういった仕事が嫌だという方も中にはいらっしゃいますよね。


ただし、先ほど述べたように調剤室にこもるだけではなく、
普通の店舗にいる店員のようにお客さんと接することができるので、そういったことも好きな方は
是非一度候補にいれてみて下さい。


つまるところ、ドラッグストアの薬剤師には向き不向きがあるということです。
それ故にしっかりとした自己分析とコンサルタントによる評価が必要になってくるんです。



まずは自分が何をしたいのか、何に向いているのかを安易に考えず、4回、5回と何度でも
向き合って答えを出してください。
そして、そのための情報収集のためにも転職サイトを登録し
かつ、すぐに行動に移すことを強くおすすめします。



計画性を伴った上での「行動力」をしっかりと持つことが大事です。




⇒ 薬剤師転職サイトランキング ~確定版 2015~



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までご覧いただきありがとうございます。
良かったらワンクリックだけでいいのでポチっとしていただきたいです(^^)



FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト





Posted by 薬剤師ピーター on  | 0 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。