FC2ブログ

【薬剤師】その転職待った!現役薬剤師が種類によって違う年収を大公開!

年収をあげるためには、これが一番!?

3484892925_e67220bfc7_m.jpg


「新人薬剤師が年収アップを求めるのは無理な話」

「すぐに給料あがらないよな~」

「転職して年収600万以上って、さすがにないだろ」

「手堅く大手にいけば、給料なんてすぐ上がるだろ」



これから薬剤師の世界に飛び込んでいくあなた、もしくは転職を考えているあなたはこんな風に思うかもしれません。



確かに、薬剤師は初任給から給料形態はかなり高く安定していると同時に簡単にはあがりにくいです。
本当に上げたいなら実績が必要になってきます。



例えば、セミナーを週一回以上は開き、信頼を獲得したことで処方せん枚数を増やした
みたいな売り上げ、利益につながることをしっかり残さないと一気に給料が上がるなんてことはそうありません。



とりわけ新人の方が転職で給料をすぐにアップさせるのは不可能といってもいいくらいです。
年収とは、薬剤師の実務経験や年齢、勤続年数などを総合して決定するものだからです。
さらに、前の職場を短期間で辞めてしまったことにより、相手の人事の方が受ける際にも
担当者に悪い印象を与えかねません。いや、与えるのは確実でしょう。

やはり、給料は上がらないのか、、、、、、




いや、上がります。
あなたが本当に給料をすぐに+100万、200万と増やしたいなら、方法はあります


別にやましいことをするわけではありません。
その方法はとは、地方で働き口を見つけることです。




「いや~、それは、、、、ないでしょ? だって地方だよ?
大手企業とかは都市部にしかないじゃん?」



その答えは間違ってはいません。
地方には大手企業の本社はありません。
あるのは大手企業のチェーンくらいですね。


しかも大手企業のチェーンでは、給料はあくまでどの場所にいようが変わりありません。
同じ給与体系となってしまいます。しかも地方、僻地制度なんてものは一切ありません。





「じゃあ、どうやって地方で給料が上がるんだよ!!」

もったいぶりましたね。
答えは、簡単です。

地方で大手チェーン以外の薬局で働くんです。
地方の薬局では薬剤師不足が続いているため、薬局や病院では人手が足りずに困っています。



原因の一つに薬学部が都市部に集中していることにあります。
地方の場合は地元で薬剤師が育ちにくいわけです。
そこで、都市部よりも高めの年収を提示している求人が圧倒的に多いのです。
例え経験の少ない新人であっても、高めの年収がもらえる可能性がとても高いです。



私の友達でUターンで地元に戻った彼は、初任給600万、、、、
私は420万、、、、、、

しかも住宅費なども全て面倒を見てくれるので実質は年収700万近くになっていたと思います。
ムカつく、、、、あ、すみません忘れて下さい笑



それは別に彼だけではありませんでした。
調べてみれば分かりますが、全国で最も年収が高い県は、新潟県の840万円。→高杉内

北海道や東北地方の宮城・福島、また栃木・島根・鳥取・沖縄が800万円と
年収800万円を超える地域は大都市以外の場所に集中しているんです。



しかもライバルは皆、都市部で、大手で働こうとするので圧倒的にライバルも少なく入りやすいです。
使えるかどうかも分からないような新人薬剤師であっても、「薬剤師免許を持っている」というだけで
600万以上の給料が出ます。※一応しっかり転職サイトを使って探してくださいね


薬剤師の平均年収が500万程度であることを考ると、新人君でも地方で働くことで周りの薬剤師を
一気に抜き去ってしまうことがあるわけです。私がやられましたから笑



なぜ地方が給料がこんなに高いのか。
それは地方の薬局では人がいないからこそ、それだけの給料を出しても
薬剤師を採用したいというわけがあったんですね。




でも、地方で求人を探してもいい求人が見つからないよ?
そんな地方でのいい求人をお求めなら、転職支援サイトをしっかり使っていきましょう。
企業に病院・調剤薬局・ドラッグストアも地域ごとの求人をネットで検索できます。



今すぐ給料を上げたい方や、給料いいなら地方でもいいかな~なんて迷っている方は
是非登録して、しっかりコンサルタントにそういった悩みをぶちまけて下さい。
きっと、あなたに最適な答えを与えてくれるはずです。



⇒ 薬剤師転職サイトランキング ~確定版 2015~




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までご覧いただきありがとうございます。
良かったらワンクリックだけでいいのでポチっとしていただきたいです(^^)



FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト





Posted by 薬剤師ピーター on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。