FC2ブログ

【薬剤師】その転職待った!現役薬剤師が種類によって違う年収を大公開!

30代の転職

1080905220_380a561f6a_z.jpg


薬剤師は30代が年収アップの分かれ目である

薬剤師における30代、それは年収アップの分かれ目です。
この年代は管理職に就き始める薬剤師が多くなるため、年収がそれまでより大きく上がりやすくなってきます。

最も多い役職は、ドラッグストアの店長と薬局の管理薬剤師です。
人によっては20代後半で就くことも多く、早くから年収を上げている薬剤師もいます。


30代という年代は、薬剤師として、社会人として実務経験を重ねている
年代でもあるので、現在の職場で実績を伸ばすことはもちろん、
これまでの経験を生かして新たな分野へ転身することも可能です。



そこで年収を増やすことも可能でしょう。
転職に関して言えば、30代の内が最もチャンスです。


40歳を過ぎてからの転職は一気に難しくなるので、あなたが転職を
考えている場合、20~30代の内に実行することを強くおすすめします。



30代で年収を上げるためにしておきたいこと・すべきこと


薬剤師が30代で年収を上げるためにしておきたいこと・すべきこと。
それは、20代のうちからしっかりとしたキャリアプランを立てておくことです。


30代といえば、多くの方が結婚・出産を経験する時期ですよね。
当然ですが、子供が増えればどんどん必要なお金も増えていきます。


にもかかわらず、薬剤師は管理職などにしっかりと就かない限りは30代になると年収は徐々にアップしにくくなります。
この頃に家計に余裕がなくなってきて「今の職場でこの先やっていけるだろうか」という問題が頭をよぎりやすい時期になります。


女性の場合、結婚や出産などを考えているなら余計に、早いうちからの人生設計が大切です。
最近は産休や育休、復職後の支援などを整える職場も増えてきましたが、まだまだ十分とは言えません。


30代の薬剤師転職では、20代よりもさらに「信用度」が重視されるようになります。
これまでの経歴や人柄だけでなく、「ひとつの職場への継続勤務年数」といった要素も考慮され
長く勤めていればそれだけ信用度も高いと考えられます。



さらに、薬剤師としてのキャリアを高められる資格を取得したり、異なる分野でのキャリア経験があれば、転職希望先によってはプラス要素として捉えられることも多いでしょう。


薬剤師の仕事は、病院、調剤薬局、製薬会社、ドラッグストアなど勤務先によって大きく異なり
それに伴って年収も変わってきます。


キャリアプランをある程度考えておき、未経験職種にチャレンジするなら
30代までにしっかり準備をし、キャリアプランを立てておくことが大切なのです。



⇒ 薬剤師転職サイトランキング ~確定版 2015~




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までご覧いただきありがとうございます。
良かったらワンクリックだけでいいのでポチっとしていただきたいです(^^)



FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト





Category : 30代の転職
Posted by 薬剤師ピーター on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。