FC2ブログ

【薬剤師】その転職待った!現役薬剤師が種類によって違う年収を大公開!

気になる職場別の薬剤師年収

6355836713_7ea15f733f_z.jpg





薬剤師を目指すなら、薬剤師に転職するなら
ほとんどの方が気になる点ですよね。
これによって職場を決める方もかなりの割合でいます。

しかし、「薬剤師はもうかるという」というイメージだけで決めてはいけません。
どの職場の薬剤師が実際どれくらいの労働環境の中でどれくらい稼いでいるのか
考えて下さい。それと地方や都心という場所も考慮して下さいね。


では職場ごとの平均年収で書いていきます。





・【病院の薬剤師年収】
平均年収は、400万円から650万円とされています。
病院の規模により変動が大きいです。
大学病院であっても必ずしも高いというわけではありませんので
必ず病院薬剤師を目指す方はしっかりと自分の候補の病院の年収を確認しましょう。
また国立の医療機関に従事する場合には、公務員薬剤師とななるので
年収は他の一般病院よりも高くなります。


ただ病院は3種類に分かれており、忙しさも病院によりかなり変わっていきますのでご注意を。
こちらの記事にてその部分に詳しく書いています。→病院薬剤師への転職
それと薬剤師の中では最も求められるスキルが高くなるので、そこも自身の希望とかね合うか考えて下さい。






・【製薬会社の薬剤師年収】
平均年収は700万から800万とされています。
ただ最も個人によって年収の差がおきる職場です。
同じ製薬会社に勤めていても、新薬開発業務だけではなく、営業があるところもありますし
品質管理薬剤師やMRなどの仕事もあります。 さらには企業であるということは
必然的に「成果主義」なので、あなたがどの業務につき、どのくらいの成績をあげるかで年収は大きく
変わっていきます。
あなたが責任者やマネージャーなどの地位に就ければ
それこそ1000万を超える世界が待っています。


つまり、製薬会社の年収は平均的に高収入ですが、それなりの高収入を目指していくつもりなら
その分の努力と能力が求められます。自分にとって本当にやりがいのある職場なのか
プレッシャーよりもモチベーションを感じながら働いていけるのかが製薬会社にいくかの選択で重要になってきます。





・【ドラッグストアの薬剤師年収】
平均年収は350万から450万とされています。
しかし近年薬剤師不足でどの業界も年収が上がってきており、特に何年か前にドラッグストアの大手が
新卒に年収600万を提示したこともあったようにドラッグストアの薬剤師年収も右肩上がりになっています。
あなたの努力とやる気次第で店長クラスの地位につけば600万から700万近くまであがることも
全然夢ではありません。

さらにドラッグストアの勤務体系は時間の融通が利きやすく、製薬会社で働くよりも
圧倒的に残業などは少ないです。もちろん製薬会社も企業によりますが。
週休完全2日制でかつ18、19時に上がれることも多いです。
そういったことも含め企業がバックにあるので福利厚生もしっかりしていて働きやすさは高いですね。





・【調剤薬局の薬剤師年収】
平均年収は400万から600万以上とされています。
つまりかなり、年収の差があるということですね。
これは管理薬剤師と呼ばれるポジションになると
年収が600万から700万以上になるということも理由にあります。


また調剤薬局での薬剤師の年収は、比較的に早い段階で上がっていき、
どこでも3年以上働いていけば、500万円ほどまでには昇給します。
ただ、そこからは徐々に昇級していくという形態なので、能力があったり努力したからといって
すぐに年収が600万以上になるわけではありません。

つまりそこは製薬会社などとは違うわけです。
しかし女性であっても最初の年から年収400万を超えるというのは他の業界ではほとんどありえないことで
かなり安定して平均以上の収入を得ることが可能です。






・【CROの薬剤師年収】
平均年収は400万から750万以上とされています。
かなりの振り幅がありますね。
それはやはり「成果主義」の形態だからです。
CROでの仕事は製薬会社の新薬開発に伴う治験に関わる仕事が主になります。
基本的に製薬会社がクライアントとなるので
新薬開発のために製薬会社は何百億というお金を払います。
それを考えたら収入が高いのが想像できますね。


しかしながら、結果を求められること、労働時間が他の職場よりも長いことがあります。
激務ではありながらも、働いたら働いた分だけ収入が入ってくることを望む方にはオススメかもしれません。






・【都心か地方か】
一言で言うと地方のほうが稼げます。
なぜか?
それは働いている人口が都心部のほうが圧倒的に多いからです。
また都心部に多くの病院があることに理由があります。


しかし地方では病院は少なくても、それに応じて薬剤師人口も多くありません。
だからこそ一人にかける費用が高くなるので
地方であったら薬局薬剤師の求人で年収も700万なんてごろごろしています。
もちろん、少ない病院で薬剤師の人口が少なければ、その分仕事が大変ですが。






◆ まとめ
いづれにしても、薬剤師というのは高収入であることは確かです。
あとは収入をとるか、やりがいをとるか、働く場所の雰囲気や人で選ぶかです。
それらを全て自分の要望に従って絞り出してくれるのが転職コンサルタントです。

あなたが転職を考えているならば、まずは転職サイトに登録することから始め
しっかりとコンサルタントと相談し、自分の希望に合った職場を探して下さいね

ご健闘を祈ります。


⇒ 薬剤師転職サイトランキング ~確定版 2015~




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までご覧いただきありがとうございます。
良かったらワンクリックだけでいいのでポチっとしていただきたいです(^^)



FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト





Posted by 薬剤師ピーター on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。